スマートフォン

SAMSUNGの反撃となるか!インフィニティディスプレイのGalaxy S8発表!

投稿日:2017/04/11 更新日:

韓国のSAMSUNGは人気シリーズ GALAXYの新作【GALAXY S8 / S8+】を発表しました。

昨年は人気シリーズ【GALAXY note】の新作がバッテリーに大きな問題があり回収および販売停止となり企業イメージが大幅にダウンした事はまだ記憶に新しいでしょう。

このことでiPhoneの売上が伸びたとの記事もありました。挽回をするべく発表された【Galaxy S8 / S8+】について見ていきましょう。

Galaxys8_05

SAMSUNGの反撃となるか!インフィニティディスプレイ搭載の最新Galaxy S8が発表となりました。前機種から大きく外観が異なり、さらに進化しています。

主要スペック

  • OS : Android 7.0(Nougat)
  • CPU : Qualcomm Snapdragon 835(2.3GHz 4コア + 1.7GHz 4コア) or Exynos(2.35GHz 4コア + 1.9GHz 4コア)
  • サイズ : 68.1×148.9×8.0 mm(S8) / 73.4×159.5×8.1 mm(S8+)
  • 重量 : 155 g(S8) / 173 g(S8+)
  • 解像度 : 1,440×2,960ピクセル(Quad HD+解像度)
  • 画面サイズ:5.8インチ(S8) / 6.2インチ(S8+)
  • RAM : 4 GB
  • ストレージ : 64 GB
  • 拡張スロット : micro SD(最大容量256 GB)
  • メインカメラ解像度 : 12メガピクセル デュアル
  • フロントカメラ解像度: 8メガピクセル
  • Wi-Fi : IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4/5GHz)
  • Bluetooth : Ver.5
  • USB : USB Type-Cコネクタ
  • バッテリー : 3,000mAh(S8) / 3,500mAh(S8+)WPC・Airfuel ワイヤレス充電対応
  • その他 : NFC対応、網膜認証、指紋認証、顔認証対応、防水(IPX8)、防塵(IP6X)

【販売モデル】

サイズの異なる2種類が販売されます。

  • Galaxy S8 / 5.8インチ
  • Galaxy S8 + / 6.2インチ

Galaxys8_03

 

【ベンチマーク】

Galaxy S8

 

Galaxy S8 +

 

【特徴】

「インフィニティディスプレイ」

GALAXY edgeより採用されていた曲面ディスプレイが進化しました。

【Galaxy S8】のディスプレイは新たにインフィニティディスプレイと名付けられており、フレームレスなディスプレイを実現しました。

写真でもわかるように本体の側面が丸みを帯びており、手の平への収まりが非常に良さそうに見てとれます。

Galaxys8_06

Galaxys8_04

 

物理ボタン撤廃、振動ユニット搭載

GALAXYシリーズは今まで前面に物理ホームボタンがありました。しかし【Galaxy S8】では撤廃されディスプレイ内にホームボタンが存在します。

ホームボタンには振動ユニットが搭載されています(iPhone7にも採用されている物と同じタイプ)ので、ボタンタップの強弱で様々な操作の使い分けができると予想されます。

指紋認証は背面のカメラ横となっており、こちらに関しては若干使いづらくなったと感じます。

Galaxys8_02

 

本体サイズの工夫

前機種に比べ【Galaxy S8】は0.3インチ、【Galaxy S8 +】で0.7インチのディスプレイサイズアップがされています。

しかしインフィニティディスプレイ採用によって大幅にベゼル部分が薄くなり、実際の本体サイズは変化していません。

本体サイズは変わらず、ディスプレイサイズがアップしているのは非常に素晴らしい技術だと感じます。

画像は左が【Galaxy S7】で右が【Galaxy S8】となっています。

Galaxys8_09

 

並べてみるとほとんど本体サイズは変わらずディスプレイ部分のみ大きくなっているように感じます。

実際に【Galaxy S8】の方が横幅が4.5mm短くなっており、より手にフィットしやすくなっています。

【Galaxy S8 +】に関しては0.7インチのサイズアップに対し横幅はわずか0.8mmアップとなっています。こちらも【Galaxy S8】同様に物理ボタン撤廃により大幅な本体サイズアップを防ぐことができています。

【まとめ】

【Galaxy S8】は前機種から非常に進化した後継機であると言って間違いないでしょう。

あとはSIMフリー版の価格、日本国内での販売キャリア及び、販売価格が気になるところです。

細かく見ていくとまだまだカメラ部分、CPU、などスペックアップしている箇所は沢山あります。今後情報が細かくでてきましたら追って報告していきます。

 







-スマートフォン
-, , ,

Copyright© 【ラフ・ブロ】スマホ / タブレット / PC 総合情報サイト , 2017 All Rights Reserved.