スマートフォン

一足早く【Galaxy S8】発売開始

投稿日:2017/04/26 更新日:

どこよりも早く【Galaxy S8 G950FD】 がETORENより発売されたので、紹介します。

Galaxys8_10

海外通販サイト「ETOREN」にてSAMSUNGの【Galaxy S8】【Galaxy S8+】が発売されました。モデルは「G950FD」となっておりグローバル版とは若干異なります。

その他の性能は全く同じですので、前回の記事で詳細をご確認下さい。

SAMSUNGの反撃となるか!Galaxy S8発表!!!

G950FDモデルとは

【Galaxy S8】【Galaxy S8+】はどちらもSoC(CPUと置き換えて考えても問題ない)のモデル違いで

  • G950FD
  • G950U

この2種類あります。SoCの違いは「G950FD」がExynos8895となり、「G9950U」がSnapdragon835を使用しています。

SnapdragonとExynosの違い

Snapdragon (スナップドラゴン)とは

Snapdragon は、アメリカ・Qualcomm(クアルコム)のモバイルSoCシリーズで、スマートフォンやタブレットに使用されています。

Snapdragon800番台はハイスペック機、Snapdragon600番台はミッドレンジ機、Snapdragon400番台はローエンド機で主に搭載されることが多いです。

Exynos(エクシノス)とは

Exynos(エクシノス)は、Samsung(サムスン電子)によるモバイル向けSoCシリーズです。GALAXYシリーズのスマートフォンやタブレットに搭載されています。


ざっくり分けるとSAMSUNG製のオリジナルSoCを積んでいるか、アメリカ製のグローバルなSoCを積んでいるかの違いです。

 

Galaxy S7もSoCに違いがあった

Galaxyは前回のモデルS7もSoCが2種類あり、前回はExynosを積んでいる個体の方が若干性能は良いと言われていました。その理由として前回積まれていたSoCではコア数に違いがあったからです。Exynosのモデルは8コア、Snapdragonのモデルは4コアでした。そこで若干ですが性能差が生まれたと言われています。

大きな違いはLTEバンド

今回はどちらのSoCも8コアですので、性能に差はあまり生まれないのではと考えています。それよりも気にすべきポイントはLTEバンドの違いでしょう。

ETORENで発売されているモデルの対応バンドは1/2/3/4/5/7/8/17/20/28で、国内キャリアのプラチナバンドに対応しているのはSoftBankのみとなっています。

29日「G950U」バージョンも発売され対応バンドが明らかになると思いますので、こちらを待ってから購入するバージョンを決められる方が良いのではないでしょうか。

販売サイトのお知らせ

どちらのサイトもG950FDモデルですので、購入前には対応バンドを確認しましょう。

ETORENでは発売中です。

Galaxys8_05
 Galaxy S8販売ページへ

 

EXPANSYSでは仮予約が可能です。予約特典があるかは不明です。

Galaxys8_05
 Galaxy S8 仮予約

 Galaxy S8+ 仮予約







-スマートフォン
-, , , , ,

Copyright© 【ラフ・ブロ】スマホ / タブレット / PC 総合情報サイト , 2017 All Rights Reserved.