スマートフォン

【Huawei Honor Play】高コスパが新しいゲーミングスマホ、プラチナバンド(B8)にも対応【おすすめ SIMフリー 格安】

投稿日:

大手中華スマホメーカー「Huawei」より、若者向けブランドの新モデル【Honor Play】が登場しました。

ハイスペックCPUを搭載、グラフィック性能や音響、4D機能などゲームに最適化した「ゲーミングスマホ」といえる性能です。

高性能ながらコスパもよく、SoftBank系プラチナバンド「バンド8、B8」にも対応したおすすめスマホです。

honor_play00

【Huawei Honor Play】人気の若者向けブランドから、ゲームに最適化した「ゲーミングスマホ」が登場しました。ハイエンド向けCPUはもちろん、最新グラフィック機能にいち早く対応しています。プラチナバンド(B8)にも対応した、コスパの良いおすすめ中華スマホです。

【外観】

honor_play_app01

honor_play_app011

honor_play_app02

honor_play_app03

 

【スペック】

honor_play_01

  • CPU : KIRIN 970
  • ディスプレイ : 6.3インチ FHD+(2,340×1,080 pixel)
  • RAM+ROM : 4GB+64GB(RAM6GB版もあり)
  • リアカメラ : 1,600万画素 + 200万画素(デュアル)
  • フロントカメラ : 1,600万画素
  • OS : Android 8.0
  • SIMサイズ : Dual sim Dual Standby(nano SIM×2)
  • microSD : 対応
  • WiFi : 802.11 a/b/g/n/ac/n5G
  • Bluetooth : Bluetooth 4.2
  • サイズ : 15.79 x 7.43 x 0.75 cm
  • 重量 : 176.0g
  • バッテリー : 3750mAh
  • ネットワーク :
    2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
    3G: WCDMA 1/2/5/8
    TD-SCDMA B34/39
    4G: FDD-LTE Band 1/3/5/7/8/20
    TD-LTE B38/B40/B41
  • その他 : 指紋認証、4Gゲーム機能、GPU Turbo、3Dサウンドエフェクト再生対応

【ベンチマーク】

【国内対応バンド】

honor_play_band

 

【動画で見る】

 

【特徴】

ハイエンド向けCPUを搭載

【Huawei Honor Play】は、CPUにKirin 970を採用しています。

Kirin 970はHuawei のフラッグシップモデル「Mate 10」などにも搭載されています。

「Snapdragon 835」などに対抗できる性能で、3万円台から購入できる【Honor Play】は、かなりコスパが良いと言えます。

独自のAIプロセッサ(NPU)を内蔵している点も新しく、ベンチマーク20万点越えという高得点を出しています。

honor_play01

 

GPUターボで重ためゲームも快適

【Huawei Honor Play】は、Huawei が力を入れているグラフィック機能「GPU Turbo」をいち早く取り入れました。

グラフィック処理効率を向上し、かつ消費電力を効率化するため、重ためのゲームでも快適に表示します。

また、「4D」ゲーム機能により、ゲーム中のシナリオによって、本体を振動させる演出に対応しています。

3Dサウンドエフェクト再生にも対応するなど、「ゲーミングスマホ」と言ってもいいほどのこだわりです。

honor_play02

 

高画質でセルフィー撮影

【Huawei Honor Play】のフロントカメラは、1,600万画素の高画質で、かなり高画質です。

AIを駆使して自然なボケ効果を作成するだけでなく、ライティングエフェクトにもAIアルゴリズムを使用しています。

5種類の異なるライティング効果により、まるでスタジオで撮影したようなセルフィーに仕上がります。

honor_play03

 

メインもAIデュアルカメラ

【Huawei Honor Play】のリアカメラは、1,600万画素 + 200万画素のデュアルカメラです。

画素数だけを見ると最高クラスではないものの、Honorブランドで育てた高いAI技術を駆使した撮影が可能です。

AIプロセッサ(NPU)を使用することで、22カテゴリー、500のシナリオを瞬時に識別することができます。

honor_play05

honor_play04

 

6.3インチの全画面ディスプレイ

【Huawei Honor Play】の画面は6.3インチ、ノッチ部分を切り取った全画面ディスプレイです。

中華スマホでは、かなり前からディスプレイ大型化の波が来ていましたが、iPhoneの新機種登場で、改めて大画面スマホが注目されています。

新iPhoneで6インチ越えの「iPhone XR」、「iPhone XS MAX」とサイズ感を比較してみました。

honor_comp01

 

6.5インチの「iPhone XS MAX」と6.3インチの【Huawei Honor Play】の長辺がほぼ同じ長さです。

横幅が少しだけ【Huawei Honor Play】のほうが小さいことがわかります。

同じくらいの大きさなのに、重さがかなり違っており、「iPhone XS MAX」より【Huawei Honor Play】のほうが、30gほど軽くなっています。

honor_comp02

 

プラチナバンドに対応

【Huawei Honor Play】は、SoftBank系プラチナバンド「バンド8、B8」に対応しています。

対応バンドについては、過去の記事で詳しくまとめていますので、参考にして下さい。

 

【まとめ】

通常、ゲーム対応を前面に出したモデルは、どうしても価格が高くなってしまいますが、【Huawei Honor Play】は、3万円台から購入できます。

ミドルレンジの価格帯で「ゲーミングスマホ」を実現するため、余計な機能はそぎ落としており、新しい発想だと感じました。

若者向けブランド「Honor」らしさを追求し、一皮むけたと感じさせられる、大注目の中華スマホです。

 

【販売サイト / セール情報】

現在、「gearbest」でセール中となっております。

gearbest

 

【その他おすすめの中華スマホ】







gearbestBanner

couponBanner

-スマートフォン
-, , , ,

Copyright© 【ラフ・ブロ】スマホ / タブレット / PC 総合情報サイト , 2018 All Rights Reserved.