タブレット

Xiaomiに続きTeclastも日本市場へ参入!中国メーカーのデュアルOSタブレットが市場を荒らす予感

投稿日:

10月19日より中国のタブレットメーカー「Teclast」が日本国内での製品販売を開始しました。

まだまだ中国国内や個人輸入で購入できる製品と比較すると物足りないですが、日本市場へ続々と質のいい中国メーカーのタブレットや中華スマホが参入してきています。

日本国内で購入できる製品と、Teclastのおすすめタブレットを紹介していきます。

t10s_02

【Teclast】がXiaomiに続き日本市場への参入を始めました。デュアルOSで非常に人気のあるタブレットを多数販売しており、今後の販売モデルにも注目です。

【日本参入モデル Tbook 10 S 】

まずは日本国内で販売が開始されているモデル【Teclast Tbook 10 S】の紹介です。

【Tbook 10 S】は既に中国国内や海外通販サイトではかなり前から購入可能なモデルで、今回は日本用としてブラッシュアップされております。

【外観】

t10s_03

t10s_01

t10s_04

t10s_07

【スペック】

  • CPU : Intel® Atom™ x5-Z8350
  • ディスプレイ : 10.1 inch FHD(1,920 x 1,200 pixel)
  • RAM+ROM : 4GB+64GB eMMC
  • デュアルOS : Windows 10 / Android 5.1
  • フロントカメラ : 200万画素
  • microSD : 最大128GBまで対応
  • WiFi : 802.11 b/g/n
  • Bluetooth : Bluetooth 4.0
  • サイズ : 24.6 x 16.6 x 0.87 cm
  • 重量 : 589g / キーボードは608g
  • バッテリー : 6,500mAh
  • インターフェース : USB2.0 x2、Micro HDMI x1、イヤホンジャックx1
  • 別売り : 専用キーボード

【ベンチマーク】

【Tbook 10 S】のベンチマークは他のタブレットと比較するほうがわかりやすので、比較画像を参考とします。

比較するのは、【Tbook 10 S】が日本市場で4万円以内で購入が可能ですので、海外通販サイトで同価格で購入できるタブレットとします。

  • Teclastの人気No.1タブレット【Teclast Tbook 16 Power】 / Intel Atom X7-Z8750
  • CUBEのハイスペックタブレット【CUBE MIX Plus】 / Intel Core m3-7Y30

の2機種との比較で、

左から、【Tbook 10 S】、【Tbook 16 Power】、【CUBE MIX Plus】となっております。

t10s

 

【特徴】

デュアルOS

【Tbook 10 S】の日本市場での最大の特徴はデュアルOS(Windows+Android)でしょう。

日本で販売されているタブレットでデュアルOSのタブレットは非常に少なく、Teclastを知らない方だと【Tbook 10 S】が販売されて初めてデュアルOSの存在を知る方もいるかもしれません。

主な用途としては、ビジネス用途ならWindows、ゲームや動画視聴などのプライベートな用途にはAndroidといった使い分けとなるでしょう。

しかし【Tbook 10 S】自体が海外から見ると旧モデルであり搭載されているAndroidOSも5.1であるのが残念だと感じます。

Android5.1で対応していないアプリなどはあまり聞きませんが、今後Android OSがバージョンアップをしていけば動作しないアプリや、動作が不安定なアプリが出てくることは予想されます。

t10s_06

【持ち運びやすい】

【Tbook 10 S】は10.1インチと2 in 1タブレットとしては小型の部類になり、軽量で持ち運びやすいです。

タブレットとキーボードを合わせて約1.2kgですので、持ち運ぶPCとしては許容範囲内でしょう。

 

【多彩なモード】

【Tbook 10 S】は完全独立型2 in 1タブレットPCですので、多彩な使い方が可能です。

タブレットのみでの利用、キーボードと合わせたPCモード、その他スタンドモードやディスプレイモードなど様々なモードで利用することができます。

t10s_08

 

【大型バッテリー搭載】

【Tbook 10 S】のバッテリーは大型の「6,500mAh」を搭載しています。

これだけのバッテリー容量であれば1日出先で作業を行っても充電の心配は必要ありません。

しかし急速充電に対応していないので、充電時は時間がかかると考えておくほうが良いでしょう。

 

【日本国内での購入方法】

【Tbook 10 S】の日本国内での購入は、「Teclast」の公式ページより購入が可能です。

しかしキーボードと合わせて36,800円となっており、若干高いなといった印象です。

その他上記でスペック比較した際に紹介したタブレットは、【Tbook 10 S】と同価格か以下の価格で購入できるので、コストパフォーマンスを見るとまだまだ日本国内での販売価格は高いです。

以下、上記のタブレットを紹介します。

【Teclast Tbook 16 Power】

以前から【Tbook 16 Power】は本サイトでも強くオススメしていたタブレットPCです。

私も個人的に購入をした端末であり、去年のモデルとはなりますがスペックと価格を比べるとコストパフォーマンスに非常に優れています。

 

【CUBE MIX Plus】

【CUBE MIX Plus】は現存のタブレットPCの中でも最上位と言えるCPUを搭載し、ベンチマークにすると約20万点近くまでスコアが伸びるハイスペックタブレットとなっております。

セール対象となることも増えてきており、【CUBE MIX Plus】も以前から非常におすすめをしているタブレットPCです。

mixplus
ワコムペンが使えるCUBE Mix Plus 6万円から4万円に!格安のハイスペック機が登場【おすすめ 中華タブレット】

「CUBE」より発売されているワコムデジタイザ搭載の中華2in1タブレット【CUBE Mix Plu ...

続きを見る







-タブレット
-, , , ,

Copyright© 【ラフ・ブロ】スマホ / タブレット / PC 総合情報サイト , 2017 All Rights Reserved.